安藤勇寿「少年の日」美術館

安藤勇寿「少年の日」美術館

行こう。安藤勇寿「少年の日」美術館へ。

 何でもない日常の大切さに気づいてほしい…。「少年の日」をテーマに描き続ける佐野市出身の画家・安藤勇寿氏の個人美術館です。色鉛筆で丹念に描かれた彼の作品の数々は、だれもが心の奥底に持っているふるさとの情景です。目の前を流れる旗川に沿って御神楽橋を渡ると、大きなケヤキの木がお出迎え。その先の木立の前には巨大な12色の色鉛筆のモニュメントが目をひきます。川のせせらぎや山の緑、風のざわめきが感じられるこの白い美術館は、どこか懐かしさややさしさに包まれます。
 今年で開館20周年を迎えました。8月28日まで新作原画展を開催しています。

住所 栃木県佐野市御神楽町623-1
TEL 0283-67-1080
料金 大人800円(70歳以上100円引き)
中高生500円 小学生300円 幼児100円(4歳以上)
交通 北関道 佐野田沼I.Cから車11分
東北道 佐野藤岡I.Cから車27分
公式HP http://www.shonennohi.jp/

近隣おすすめスポット

遠藤食品株式会社

【住所】
(本社)栃木県佐野市下彦間町697
(東京営業所)東京都中央区日本橋小舟町9-5 エンドービル3F
【TEL】
(本社)0283-65-1111
(東京営業所)03-5649-7155
【公式HP】https://www.endo-foods.co.jp